トップ > 脱毛の基礎知識 > 光を当てるだけで脱毛できるのは何故?光脱毛の仕組み

光を当てるだけで脱毛できるのは何故?光脱毛の仕組み

「光脱毛」というのは肌への刺激が少ない低出力の光を用いて脱毛を行うものです。そのため、医療脱毛として一般的に知られているレーザー光を使用した「レーザー脱毛」とは使用する周波数が異なっているのがその最大の特徴です。一方で一度はその名を耳にしたことがあるもののなぜ光を当てるだけで脱毛できるのか不思議に感じている方も多いかもしれません。

そもそも多くの方を悩ますムダ毛は実は皮膚が変化したものであり言い換えると皮膚の一部と言えます。そんな体毛は産毛やデリケートゾーンの毛などをすべて含めると成人でおよそ500万本もはえています。しかし人目にふれる目で見える体毛は130から140万本ほどで残りは皮下でお休みしている状態です。そしてそれらが一定の周期で生える、伸びる、抜ける、休む、また生えるを繰り返しています。つまりこのサイクルは常に繰り返している状態にある人の体毛は6から7割は目に触れない状態で存在しているのです。

そんな体毛が生える根っこの部分にあたる毛穴の中には毛根や毛球、毛母細胞、毛包が存在します。そして光脱毛ではこのうちの毛母細胞に栄養分を送る役割を担っている「毛乳頭」と体毛のもとになる組織である「毛母細胞」だけを光がもつエネルギーで破壊します。その際には皮膚表面を通過して毛根にある黒いメラニン色素にだけ熱を与えることで毛根と直接くっついている毛乳頭を破壊しています。ただし、出力や機材など技法にも寄りますがこの光委は形骸に皮膚のメラニン色素とも乾燥してしまうことがあります。ゆえに皮膚全体が熱を帯びやすく人によって腫れや熱がしばらく続いていしまうのです。なお、成長期の毛以外に照射しても脱毛効果をあまり期待することができない点には注意が必要です。これは、前述した通り毛は成長して変化を繰り返す大まかに3つに区分できる「成長期」「退行期」「休止期」に分けられる「毛周期」をもつことに由来します。ご自身の毛周期にあわせて脱毛の予約を取ることが重要です。

部位・プラン別に脱毛サロンを選ぶ

全身脱毛

全身脱毛のプランには3つのタイプがあります。自分に合うプランのある脱毛サロンを選ぶことがポイントです。
詳しい情報はコチラ

ワキ脱毛

ワキ脱毛を考えているなら、まずワキだけを脱毛するのか、ワキ以外も脱毛するのか決めることがポイントです。
詳しい情報はコチラ

VIO・ハイジニーナ脱毛

VIOライン脱毛なら、痛みの少ない脱毛方法を提供している脱毛サロンなのか確認することがポイントです。
詳しい情報はコチラ

脱毛サロンを選ぶときに重視するポイント

料金が安い

料金の安さだけではなく、施術期間・回数や脱毛効果の確認も必要です。
詳しい情報はコチラ

痛くない

脱毛時の痛みの軽減には、痛みの少ない脱毛方法の選択がポイントです。
詳しい情報はコチラ

肌がキレイ

脱毛前後で肌ケアをしっかり行っているか確認することがポイントです。
詳しい情報はコチラ

「光脱毛」というのは肌への刺激が少ない低出力の光を用いて脱毛を行うものです。そのため、医療脱毛として一般的に知られているレーザー光を使用した「レーザー脱毛」と